MENU

失敗しないお部屋探しのヒント

希望の条件を決めましょう

住みたいエリア
美作大学の学生さんの多くは、徒歩・自転車で通学できる大学周辺の「北園町」「山北」「小原」「上河原」など市内の中心部にお住まいです。
大学まで近いと、なんと言っても時間を有効に使えます。授業の空き時間など、自分の部屋で勉強時間に充てたり、気分転換できたり、時間を有効に使えるのでメリットは非常に大きいです。
お部屋の広さ
快適なお部屋-居室の広さは、目安として平均6畳〜8畳程度でしょうか。居室○畳といっても広さは違ってきますので、お部屋全体の面積も確認しましょう。キッチンが狭いと使いづらいです。生活しやすい広さを選びましょう。家具や冷蔵庫など電化製品やその他必要なものを置いて、少しは自分のスペースが確保できる方が良いでしょう。
また、浴室・トイレ・洗面がそれぞれ独立したお部屋は家賃が高くなるようですが、毎日の生活を考えるとここも大切なポイント。浴室とトイレは別々のタイプが快適です。
セキュリティ
「管理人さんが常駐している」とか「建物の安全対策」「周辺の環境」などセキュリティと建物の管理面にこだわってチェックしましょう。
  津山市は、街灯が少なくて街が暗いといわれます。大学までの通学ルートが不安であれば、安全で快適な物件とはいえません。アルバイトやサークルで遅くなっても安心して帰宅できる物件を選びましょう。 周辺にどんな建物があるか、昼・夜の交通量、騒音、夜間の道路の明るさなど時間帯を変えて、実際に歩いて情報を入手しておくことをオススメします。
そして、隣の建物との距離、道路との距離、建物の陰などで死角になる場所がないかなど、物件の外から希望のお部屋-建物を眺めてチェックしてみましょう。
予算
最初から家賃は「○万円以下」と決めつけて物件を絞り込まないで、ある程度幅を持って物件を探す方が良いでしょう。生活スタイルによって出費が違ってきますから、家賃に充当できる金額も変わってきます。
例えば、家賃が予算から ¥5,000 円高いお部屋であっても、1日あたりに考えると ¥167 円 (=¥5,000 ÷ 30日) の差です。毎日コンビニで買う飲み物の金額です。生活スタイルを少し工夫すると手元に残る金額ではないでしょうか。 その代わりにプラス¥5,000 円の家賃で手に入るお部屋は、近くて、安心、便利、きれいなお部屋など......いろいろなメリットを与えてくれます。しかも、これは 24時間-毎日です。 年間の家賃総額・退去時に支払う金額も必ずチェックしましょう。「敷金・礼金 - 0(ゼロ)円」「入居時家賃無料」といっても、この割引分は毎月の家賃・退去時の費用に上乗せされていて、総支払額は多くなっていることがあります。 いろいろな面から総合的に考えてお部屋選びをされることをオススメします。

 

物件探し

現地を必ず確認
物件を決める際には、“数年間の辛抱だから.....”などと考えないで、しっかりと情報を集めて慎重に決めましょう。 インターネットの情報では分からないことがありますし、イメージと違っていることもあります。実際にお部屋を見学されて、現地を歩いてみて、現地の周辺環境、雰囲気などご自分で確認されることが大切です。
建物の広さ
一人暮らしのお部屋といえば 1DK・1K が一般的ですが、建物によって広さがまちまちで 1DK と表示されていても実際のお部屋の広さは分かりません。
お部屋の面積をチェックして、現地でお部屋の間取り図と照合しながら広さ・使い勝手など確認すると良いと思います。
お部屋の収納
一人暮らしでも衣類や布団など、荷物はたくさんあります。使い勝手の良い収納スペースがあると、お部屋がスッキリ片付いてきれいですし、お部屋の広さをそのまま使えます。
また、引っ越しも楽々ですし余分な家具を買い足す必要もありません。
キッチン
キッチンのスペースはどうでしょうか? “一人暮らしで自炊はほとんどしないから.....” と言っても、オーブントースターや電子レンジなどキッチンの小物はいろいろありますから、適度なスペースは必要です。
食事の準備〜食事の場所はどうでしょうか? 毎日のことですから、狭いキッチンは効率が悪いです。
洗濯機置き場
洗濯機置き場は室内にありますか? 室外(玄関先や通路)では、誰が通行するか分からないので、防犯面では不安です。
いろいろな生活スタイルがありますが、便利な場所かどうかもチェックしましょう。また、花粉や黄砂の時期は洗濯物は外には出せませんから室内物干しの設備やスペースがあると安心で便利です。
エアコン
エアコンは防犯面からも絶対必要な設備の一つです。できれば電気料金の節約ができる省エネタイプのエアコンが設置してあれば良いですね。
陽当たり
“昼間は部屋にいないので陽当たりは関係ない.....” とお考えの方もおられるでしょうが、陽当たり・建物の方角はお部屋の明るさや風通しの良さなど関係して、気分や健康状態に影響があると思います。
また、南向きといっても必ずしも陽当たりが良いとは限りません。目の前に高い建物があると陽当たりが悪くなりますし、プライバシーの面でも問題があります。
日当たりの良いお部屋で毎日気持ちよく過ごしたいですね。
ゴミ出し
ゴミ出しは、その物件専用のゴミ出し場所・設備があるかどうか確認しましょう。
専用のゴミ出し設備がない物件の場合は、町内の指定場所に指定日の朝持って行くことになりますが、指定場所が遠いと毎回のゴミ出しは面倒です。
ゴミはお部屋の中で何日も保管はできません。臭いや虫など衛生上何か対策が必要です。また、廊下などに置きっ放しにすると小動物やカラスに突かれて大変なことになります。
駐車場
駐車スペースはありますでしょうか? 引っ越しの時やご家族・お友達の訪問など、ある程度の駐車スペースは必要です。路上駐車は危険ですし、ご近所の方に迷惑です。
隣室の音と建物の構造
入居して初めて分かる問題の一つに「騒音」があります。建物の構造の違いによって、遮音性・耐火性・耐震性などが異なっています。
「騒音」は音の程度や生活スタイルの違いもありますし、集合住宅なのである程度はお互い様.....であっても気になると精神的に苦痛になってきます。
音が気になる方は、お部屋を見学するときに、建物の構造・遮音性などもチェックされることをお勧めします。

物件を決める際には

良く検討して申込みを
建物の管理の善し悪しは、そのお部屋での生活の快適さを計る指標です。
物件の管理状態でその建物の安全性も推測できます。第一印象はどうでしょう。建物・敷地内はきれいでしょうか。郵便受け、ゴミ出しの場所はきちんと管理・清掃されているでしょうか? 郵便受けのDM・チラシが雨に濡れて色も変わっているような物件は管理面で不安です。

 

また、万が一の緊急時や夜間の対応はどうなっているでしょうか? トラブルが起こってから慌てないように事前に確認しておきましょう。
そして、同じ建物にはどんな人が住んでいるのか、情報収集しておきましょう。同じ生活スタイルの大学の先輩が住んでいる物件は安心できるのではないでしょうか。

 

新築かどうか、また築年数を重視されるのも良いですが、新しい物件は家賃が高めに設定してあるのが一般的ですし、新築の物件はきれいなのが当たり前です。
物件の管理会社が入居者の入れ替わり毎に、リフォームやメンテナンスをきちんと行っているお部屋であれば、最新モデルの設備ではないけれど、広めのお部屋であったり、生活に便利なお部屋であったりして快適な生活が可能ではないでしょうか。

 

「お部屋探し」は、最終的にすべての事柄を総合的に考えて判断することになります。安全・快適な生活環境は、 毎日の生活の基盤ですから、大切なお金と時間を無駄にすることの無いように、慎重に納得できるお部屋を見つけたいですね。